Welcome to my blog

ラブラドールレトリバー雑貨のLABstory

http://labrador.mame2.net/

 アカナとオリジンのフードの値段と食事量について

Q....アカナ、オリジンは高いですか??

私自身もまず最初に「受賞歴がある素晴らしいフードなのはわかるけど高いな」と思ったのが第一印象です。しかし調べて行くとそうでもないことがわかってきました。

なぜならば、「1日に与える食事量が少なくてすむ」これが特徴です。
他のフードと比較しても、10〜20%少ない計算となります。長持ちするのです。

原材料・配合にこだわっているフードなので、
少ない量でも栄養がしっかり撮れるのです。

一ヶ月で計算しても20%少なくなるというのは、金銭的にも結構大きなことだと思います。

通常のペットフードには穀物類が入っているのですが、それは材料費が安かったり、保存が効いたりと、人間側の都合が大半をしめています。ワンの身体を考えて入れている訳ではないのです。そうしたフードを食べ続けると、将来的に病気やトラブルがおきる可能性が高くなります。人間も若いうちは添加物たっぷりのものを食べていても平気ですが、歳を重ねるごとにその反動が出てくるのは承知のことであります。

大型犬と暮らしている場合、ほとんどのご家庭ではドッグフードは一番大きな13kg前後の大袋を購入されています。今購入されているその袋は、何日持つのかチェックしたことがありますでしょうか?

私も計算したことがなかったのですが、昔は1ヶ月に2袋購入したり、もしくは3週間置きに注文したりしていました。しかし、オリジンやアカナに替えてから、2ヶ月近くもつことがわかりました。これには驚きです。高いのではなく、その分入っているのだな〜と・・・。

オリジンやアカナは、一回の食事量がとても少なくなっています。
うちのリルは30kgくらいですが、朝晩それぞれ125gくらいずつ与えています。
125g x 2回 = 1日250g
13kgの大袋の場合、すべてなくなるのは約52日となる計算です。

食事の量が少なすぎてかわいそう・・・と思われる方もいらっしゃいますが、
これは大きな間違いです。

多ければいいのでしょうか?
不必要な材料を膨らませて食べさせるのが、胃腸にどのくらい負担がかかるのか考えてください。
本当に質の良いものを、必要なものだけ・・・
これがオリジンとアカナのフードなのです。


以下、同等クラスの銘柄の計算を少しのせてあります。(あくまでも参考としてご覧下さい)


例 27-30kgの子が13kgくらいの大袋を購入した場合の計算です。
  料金は税抜の定価を記載しています。実際は定価より割引がありますのでkg単価はもっと安くなります。

______銘柄_____________________定価____1日の食事量_____完食日数______
オリジンアダルト13kg--------------------¥20500--30kg食事240g =完食日数54日
アカナ ワイルドプレーリー13kg-----------¥18000--30kg食事250g =完食日数52日
アーテミスイミューンダック&ガルハ12,7kg-¥14000--27kg食事374g =完食日数33日
アボダームオリジナル中粒12kg-------------¥9756--27kg食事345g =完食日数34日
ソリッとゴールド ホリスティック12,9kg---¥10952--28kg食事400g =完食日数32日
ナチュラルバランス ウルトラプレ16,35kg--¥15643--27kg食事317g =完食日数51日
4フィッシュ スーペリアアダルト12kg------¥17400--27kg食事485g =完食日数24日
プリンシプル アダルト18kg----------------¥9000--27kg食事330g =完食日数54日
イノーバEvoターキー&チキン13kg----------¥13195--31kg食事330g =完食日数39日
__________________________________________________________________


当店では、アカナの穀物不使用のラインナップをおすすめしています。
http://labrador.mame2.net/list.jsp?categoryName=%83%74%81%5B%83%68
*アカナワイルドプレイリー
*アカナパシフィカドッグ
*アカナグラスランドドッグ
*アカナランチランドドッグ

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment