Welcome to my blog

ラブラドールレトリバー雑貨のLABstory

http://labrador.mame2.net/

 シーナちゃんを偲んで

私事を書きますので、興味ない方はスルーしてくださいね。
スミマセン・・・




U^ェ^UーーーーーlabーーーーーloveーーーーーlabーーーーーーU^ェ^U

20181018_blog1.jpg


2020年2月訃報が飛び込んできました。
プルーンの母犬であるシーナちゃんの訃報でした。

シーナちゃん15歳。
北海道盲導犬協会 繁殖犬
2004年生まれ (ペロちゃん x ジャスティン君)


8年前にプルーン達を出産したのを最後に、繁殖犬を引退。

頑張って闘病していましたが長生きしてくれました。
シーナちゃんが体調を崩してからあまり会えていなかったのですが、
一昨年にシーナちゃん宅にお邪魔して会えたのが最後だなんて・・・
まだまだ長生きすると思っていたのでショックでした。

でもでも・・・シーナちゃん頑張りましたね。
たくさん子供達を残してくれましたね。
本当に本当にお疲れ様でした。
sheena_chan.jpg
↑ 6年前くらい富良野にて。
シーナちゃん9歳くらいかな?プルーンは2歳だったかと。
まだ元気で一緒に戯れていました。
右下の写真、今でも覚えているのですが、
シーナママに甘えているプルーンに、誰かが乗ろうとしていて、
それをシーナちゃんが「やめなさいよ」と追い払って(?)いるかのようでした。
やっぱり母犬、自分の子供がわかるのかなと驚いた一瞬でした。懐かしい。。。
シーナちゃんとプルーン
↑ 2016年6月のお写真。
プルーンはシーナちゃんをよそ目にボールを口の中にたくさん入れて遊んでましたが、
シーナちゃんがサササーと歩み寄り、心配そうに覗き込んでました。
「大丈夫なの?」と言っていたのかな(^^)

20181018-blog2.jpg
シーナちゃんに最後に会ったのが2018年10月。
シーナちゃんは病気と闘いながらも、のんびりと過ごしていました。
プルーンは7年ぶり(?)のママのお家♪って感じで、終始嬉しそうでした。
シーナちゃんのベッドにスリスリ&クンクン♪
シーナちゃんにお尻を寄せてほっこり♪
これが最後だなんて思わず・・・今年も暖かくなったら会いに行きたいなと思っていました。

そして2020年2月・・・
シーナちゃんは虹の橋へ・・・
たくさんの子供たちを産んでくれて本当にお疲れ様でした。

虹の橋を渡って、アキラ君見つけて一緒にたくさん走って遊んでね。
本当にありがとう!!
あなたのこと一生忘れません。

最後に協会でお別れを言えてよかったです。
ありがとうございました。

シーナちゃんどうか安らかに。。。

スポンサーサイト



 北海道盲導犬協会 繁殖犬